2023年度重賞戦記 3/17 ばんえい記念 ~イラスト追加~

過去3年の「人気」「騎手」「馬番」
ピックアップデータは「年齢」「重賞実績」

ゴーリキを描くことができました!
感無量です

昨年も書きましたが…ばんえい記念ですよ!
データで予想なんて野暮なことするもんじゃございません。
皆さま、どうか愛しい馬を買いましょう。応援する馬を買って叫びましょう!
これからデータ予想書くのに、その前に◎書いてしまいます。
私の◎はメジロゴーリキです(^_^)

と…ばんえい記念定番の前置きをしいたしまして、今年度最後のデータ予想です。

■人気別成績【1着.2着.3着.着外】
1人気【4.1.2.3】
2人気【4.2.1.3】

3人気【0.2.4.4】
4人気【1.2.2.5】
5人気【0.2.1.7】
6人気【1.0.0.9】←2014年インフィニティー
8人気【0.1.0.8】←2014年フクドリ
※2017年は9頭立て。2018年、2019年は8頭立て。2020年は7頭立て。2022年は1頭除外の8頭立て。
7番人気、9番人気、10番人気の馬券圏内入着はなし。ほぼ5番人気までで1~3着が決まるレースです。
例外は2014年のインフィニティーとフクドリ。この年はばんえい記念勝ち馬のいないばんえい記念でした。1㌧を曳ける馬が限られるので、実質5頭立てのレースになるイメージです。

■騎手:3着以上入着が3回以上の騎手をピックアップしてみました。
鈴木恵介騎手:3勝/2着1回/3着1回
阿部武臣騎手:2勝/2着1回/3着1回 ※2017年は騎乗馬無し
西 謙一騎手:1勝/2着1回/3着1回 ※2016年、2018年は騎乗馬無し
藤野俊一騎手:2着3回/3着2回 ※2018年は競走中止。2019年、2020年は騎乗馬無

鈴木騎手はメジロゴーリキ、阿部騎手はメムロボブサップ、西謙一騎手はミノルシャープ、藤野俊一騎手はコマサンブラックに騎乗します。

馬番:馬券圏内に入着した回数を馬番ごとに記載します

着/馬番12345678910
1着000122320
2着0204220
3着110421
7頭だて1回、8頭立て2回、9頭立て2回(うち1回は1頭除外) フルゲートは5回なので、10番の入着0はあまり気にしなくてもいいのかもしれません。

過去10年のうち、8回入着がある6枠がラッキー枠。昨年はマツカゼウンカイが4着でした。ちなみに6枠の人気着順を確認してみると
14年ホリセンショウ 4番人気→3着
15年ニュータカラコマ 4番人気→2着
16年フジダイビクトリー 1番人気→1着
17年キタノタイショウ 4番人気→2着
18年オレノココロ 1番人気→1着
19年ソウクンボーイ 8番人気→6着
20年ホクショウマサル 1番人気→3着
21年コウシュハウンカイ 3番人気→3着
22年アオノブラック 3番人気→3着
23年マツカゼウンカイ 7番人気→4着
ホクショウマサルの1番人気は連勝記録継続中にぶつけたばんえい記念。人気先行だったことは否めません。
実はこれより前にさかのぼって20年間見てみたのですが05年のスガノテンリュウ(9番人気10着)をのぞき、6番に入った馬は人気より上位か同じ順位で入着しています。今年はこの馬番にコマサンエースが入りました。

■年齢

着順/年齢1011
0
2
2

6歳と11歳の勝ち馬はいません。勝ち馬は8歳が一番多く高重量戦のピークは8歳ごろなんだな…とわかります。10歳馬で連対したのは勝ち馬がオレノココロとホクショウマサル、2着はフジダイビクトリー。それまでにばんえい記念の3着以内があります。今年の10歳馬はメジロゴーリキとミノルシャープとセンリョウボス。ばんえい記念の実績があるのはメジロゴーリキだけです。

■重賞成績
ばんえい記念はこれといって関連レースがないのですが、格は必要なのではないか…と思いその年の重賞実績を調べてみました。
過去10年の3着以内に入った30頭中、同年度に重賞勝ちがあった馬は21頭。9頭の例外のうち、7頭は同年の高重量BG1の帯広記念を3着以内に入着しているか、過去のばんえい記念3着以上の実績がありました。例外2頭は14年のフクドリ(2着)と20年のホクショウマサル(3着)です。ホクショウマサルは連勝記録を伸ばして臨んだばんえい記念でした。
同年の重賞勝ち、同年の帯広記念を3着以上過去のばんえい記念で3着以上の実績がある馬が馬券圏内の条件になると思います。この条件で絞ると、
・アオノブラック
・インビクタ
・コウテイ
・メムロボブサップ
・メジロゴーリキ
の5頭になります。

■おまけ馬体重【1着・2着・3着・着外】
1100㎏以上【7・8・5・31】
1100㎏以下【3・2・5・29】
1100㎏以下の王者メムロボブサップがいるのにこのデータは野暮かなぁと思ったのですが、重いものを曳くのですから馬格は重要。やはり1100㎏以上のほうが優勢です。


 いろいろデータを並べているのですが…昨年の1~3着馬の勝負だと思います。そして3強に割って入れる馬は……多分いないだろうな…と思います。馬場が軽くなれば、入着の可能性が出てくる馬もいると思いますが…データではコウテイとインビクタも拾っていますが、コウテイは内端枠を引き(コウテイの1枠成績は【1.0.2.9】。1番人気で3回負けています)、インビクタは820㌔までしか勝ち鞍がありません。どちらも上位3頭を負かすのは難しいのでは…と思います。

 三連複は2倍前後になるんじゃないかと思うほど堅そうですが、三連単はわかりません。メムロボブサップが人気になると思いますが、昨年アオノブラックとの差はわずかでしたし、鈴木騎手に手替わったメジロゴーリキはハンデ差はあったものの、帯広記念で2頭を負かしました。3頭のどの馬に◎を打つのか…。1番人気、2番人気が同列の4勝。おそらく人気は1人気メムロボブサップ、2人気アオノブラック、3人気がメジロゴーリキになる…という予想のもとに…それならば中の枠を引いたアオノブラックに◎、〇メムロボブサップ、▲メジロゴーリキです。(いや、もし鈴木騎手効果でゴーリキが2番人気なら▲と◎を入れ替えます。というかそのぐらい3頭の順列が付けられないのです)買い方は三連複1点か、◎から2頭に馬連。あとは◎とコマサンエースのワイドを少し。6番ブーストが効かないかな…と。

データからはほとんど予想になりませんでした…すみません。

データが頼りにならないのであれば心に従うのみ!
ということで冒頭に書いた通り、ばんえい記念は魂が選ぶ馬を買うものです(笑)。ということで◎はメジロゴーリキ。ラストランと調教師さんがHBCの取材で話されていました。ここは全力応援です。どうかどうか、重賞絵のセンターにゴーリキが描けますように!

いやもう、ホント良かったね~!ひたすらに嬉しいよ!最後このレースだけ肩掛け描いちゃった。

レビューは観戦記をご覧ください