2023年度 2/11 黒ユリ賞 ~レビュー追記~

過去10年の「人気」「枠」「騎手」
ピックアップデータは
「前走クラス」「直近3走」「馬体重」

■人気別 馬券圏内入着回数
1番人気:1着5回/2着0回/3着1回
2番人気:1着2回/2着2回/3着0回
3番人気:1着1回/2着1回/3着3回
4番人気:1着0回/2着3回/3着0回
5番人気:1着0回/2着0回/3着2回
6番人気:1着1回/2着2回/3着1回
7番人気:1着0回/2着1回/3着0回
8番人気:1着0回/2着0回/3着1回
9番人気:1着1回/2着1回/3着0回
10番人気:1着0回/2着0回/3着1回
最低人気からも入着があります。9番人気が1勝2着1回。荒れる印象がある重賞ですが、勝ち馬は半分が1番人気。1番人気は丁か半か⁈というレースです。今年はスマイルカナやクリスタルイプセが人気になると思いますが、どうでしょうか。

■騎手:3着以上入着が3回以上の騎手をピックアップしてみました。
藤野騎手:3勝/3着2回
鈴木騎手:2勝/2着3回
藤本騎手:1勝/2着1回/3着2回
女の子にはベテラン騎手のエスコートがいいようで、名手3人の成績が目立ちます。藤野騎手は手綱を取る馬がおらず、鈴木騎手はオオネガイキンヒメ、そして藤本騎手はマルホンマユヒメの手綱をとります。

■枠:馬券圏内に入着した回数を馬番ごとに記載します

着/枠12345678910
1着
2着1
3着
全て10頭だて

内端枠も外端枠も勝ち馬が出ているのでそれほど端と中の差はなさそうです2番の入着率の良さ、特に3着4回は目を引きます。今年2番にはオオネガイキンヒメが入りました。


■前走
前走条件別に黒ユリ賞の成績を出してみました。
条件:【1着.2着.3着.着外】
Aー1:【6.1.4.15】
Aー2:【1.7.4.25】
Aー3:【.1.2.15】
Aー4:【0.0.0.1】
Bー1:【0.1.0.0】
Bー2:【0.0.0.3】
Bー4:【0.0.0.1】
Cー1:【0.0.0.3】
当たり前ですがA-1クラスに出走していた馬が一番成績がいいです。が、ちょっと意外なのがA-2クラスより、A-3クラスの方が勝利数が多い事です。そして主に馬券に絡むのはA-1~3までとなります。A-3で勝った馬というのは重量適性があって、640㎏になって化けた…のかもしれません。該当馬はジェイカトレアキタノミサキシリウスの3頭。キタノミサキは9番人気でした。

■直近3走
イレネー記念でも割と有効なデータだったので、直近3走で3着以内に入っているかどうかを黒ユリ賞でも調べてみました。
過去10年で3着に入着した30頭のうち、25頭が直近3走中にどこかで3着以内に入着しています。(クラス問わず)。
直近3走のどこかで好走というのは勢いをもって昇級中、あるいは上のクラスで頭打ちになっていないということだと思います。
なお、直近3走で3着入着がない馬5頭はA-2以上のクラスで走っていた馬です。

【おまけ】馬体重
2~3歳戦に有効かなと思うデータです。
出走時900㎏以下【1.1.1.7】
出走時901~949㎏【2.3.6.25】
出走時950~999㎏【3.5.1.27】
出走時1000㎏以上【4.1.2.11】
やはり大きい方が良績です。ただ、900㎏以下でも入着馬は出ているので迷ったら大きな馬。というレベルのフィルターだと思います。



 ということで…直近3走、馬体重、クラスで絞るとオオネガイキンヒメクリスタルイプセスマイルカナヤマノヒメイワキエンジェルになります。そしてこの中から、あえて、クリスタルイプセでもスマイルカナでもなく…オオネガイキンヒメに◎です。鈴木騎手に乗り替わり、1000㎏以上の前走馬体重、良績の出ている2番に入ったことでピックアップしました。丁か半か?!の半が出たとしたら、データ的にはこの馬が可能性が高そうです。結局のところ鈴木騎手だのみ…ということです(翔雲賞でもそうでした(^_^;)。馬券はオオネガイキンヒメから馬連とワイドで、ピックアップ馬に流す。

…あくまでもデータでは…です。

 心の◎はマルホンマユヒメさん!本格化するのはまだまだ先ですし、1枠は1回しか走ったことが無くて(8着でした)データ的に押せる要素は少ないんですが、それでも藤本騎手が手綱を取るし、前走はしぶとく最後まで良く歩いているし、きっといいレースをしてくれると思います。成績はさておき、まずは無事に障害をあげて、怪我無くちゃんとゴールしてくれたら。それを見守れたら大満足です。仔馬の頃から見学させてもらって、イラスト描いて、1歳、2歳、能力検査、デビュー戦と応援してきました。私の名前を付けていただいた女の子が黒ユリ賞ですよ!出走するだけでも感無量です。彼女の晴舞台を現地で応援してきます!

2障害降りてから、シッポふりふりの
キャンターで爆走。強かったですね!
とってもキュートな女の子でした。
口取りで前かきかきして早く帰る!
って意志表示が幼くて愛らしかったです

 マユヒメさん、2障害上がらなかったか(><)馬体がまだまだなので、やっぱりこの時期の640㎏はきつい。内端枠だったこともマイナスだったと思います。でもがんばりました!これから成長していってくれると思うので、まずはばんえい記念の日、福寿草特別で応援したいと思います。
 推し活観戦記に関しては別途写真入りで書きますので、ここでは勝ち馬と予想について。実は現地でレースまともに見てないんです。2障害の越えたところでカメラ構えて待ち構えていたので、1障害下ってしばらく2障害の山で見えなくなる地点までは見えます。もちろん2障害はガッツリ見ます。でも勝ち馬や上位入着馬が下りてもマユヒメさんが第2障害超えるまでは見ているわけで、マユヒメさんが下りた後は隣を歩くわけです。そのころにはもうみんなゴール…(^_^;

帰ってきて、ようやくこれを書く段になり、レース映像を見直しています。スマイルカナ強かったですね。すんなり抜けてキャンターで爆走。最後まで止まらずに歩き切り、1頭だけ640㎏を感じさせないレースをしていました。

スマイルカナとクリスタルイプセ、有力馬2頭ならぶと先行争いが…と思いましたが、どちらも自分と重量との闘いで、ゆったりしたペースだったと思います。クリスタルイプセは最後きつかったけど何とかゴールを切っていました。世代戦の定量戦(初体験の出走馬にとって未知の重い重量)は実況泣かせです。

3着はオオネガキンヒメ私のデータ上の◎です。2枠はこれで過去10年中5回3着。来年の黒ユリ賞の2番はどんな成績なのか楽しみです。ただ、気が付いたら3番人気!驚きました。もっと人気無いと思ってたんです(笑)5~6番人気のつもりで予想を書いていましたが、やはり1000㎏以上の馬体重と鈴木恵介騎手と…ファンはよくわかっているなと思いました。そしてクリスタルイプセとそれほど差なく障害を下りて…結局前に行って障害を下りた順で決着がつきました。

馬券は…もちろんのことトリガミしておりますが、一応自分が◎をつけた馬、ピックアップした人気どころ2頭、それとマユヒメさんの4頭三連複ボックスを買っていまして、それだけ当たりました。これで4年連続1番人気が勝っています。最近は1番人気がちゃんと来るのがトレンドなのかな~。

レース結果